我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de 鉄腕アトム 【NBP_027】

手塚治虫さんの名作「鉄腕アトム」を作ってみました。

死んだ息子の代わりとして天馬博士によって作られたものの、身長が伸びないことでバケモノ呼ばわりされ、サーカスに売り飛ばされた可哀そうな子です。

その後、お茶の水博士に救われて、心優しいロボットとして活躍しました。
10万馬力に加えて、7つの特殊能力を持っている凄いロボットですよ!

f:id:psamin58:20170702215925j:plain
シンプルな配色でありながら、特徴が伝わりやすいです。
天才漫画家のデザインは伊達じゃありませんね。

f:id:psamin58:20170702215940j:plain
カワダ純正品「ディスプレーアーム」によって、華麗に宙を舞うことが出来るのです。 アームの先端はお尻にグサッと刺さっております(笑)。

f:id:psamin58:20170702215958j:plain
お気に入りのジェット噴射。
2*2角丸パーツのお陰で、満足のいく表現が出来ました。

f:id:psamin58:20170702220015j:plain
アトムの髪型がきちんと見える角度です。
漫画みたいに常に2本の角が見えるというのは不可能です(苦笑)。

f:id:psamin58:20170702220031j:plain
こうして片腕を伸ばしたポーズで飛ぶことも多いですが、両腕を曲げて飛ぶこともありますよね。
左右非対称の方が面白いので、伸ばしたバージョンを採用しました。

f:id:psamin58:20170702220107j:plain
以前も同サイズの人型を組んでいましたが、アトムを作るタイミングでちょっとだけ構造を変えました。
今までよりバランスが良くなった気がします。

f:id:psamin58:20170702220224j:plain
首が上向いているように、角度を付ける組み方を模索しました。
斜め上を見上げているような形に出来たことで、かなり自然なポーズになったと思います。

f:id:psamin58:20170702220332j:plain
首の角度を実現した構造がこれです。胴体から関節パーツの凸部が飛び出していて、首後ろの関節パーツ凹部に結合しています。
関節パーツを使用してはいますが、自由度はほとんど無く、割としっかり固定されてます。

f:id:psamin58:20170702220628j:plain
ディスプレーアームのお陰で、斜めに傾けて飾ることも可能。
リアリティのある浮遊感を、手軽にトッピング出来るようになりましたね。

f:id:psamin58:20170702220646j:plain
通常のクリアパーツでも作品を持ち上げることは出来ますが、結構パーツを消費してしまいます。
ディスプレーアームを使うと、簡単に高さを稼げる上に、レイアウトの自由度も素晴らしいですよ。

f:id:psamin58:20170702220704j:plain
貴重なディスプレーアームを占有したまま、我が家で飛び続けているアトム君でした!


この作品はナノブロックアンバサダーで、ディスプレーアームをレビューする為に組んだ作品でした。
何か飛んでいるものを作ろうと、何気なく組み始めたのですが、なかなかのお気に入り作品になりました。

もし宜しければ、アンバサダーのときのレビュー記事も読んでみて下さいね。

レビュー記事1
レビュー記事2

それでは!