我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de キラークイーン 【NBP_022】

「君を始末させてもらうッ!」

f:id:psamin58:20170227231846j:plain
ジョジョの奇妙な冒険より、吉良吉影のスタンド「キラークイーン」です。

人差し指が特徴なので、指を立てることには拘りました。
ポージングもなかなか満足の出来で、ジョジョ好きの方にはニヤリとして頂けると思います。

f:id:psamin58:20170227231911j:plain
いくら関節パーツとはいえ、このポーズを実現するには若干の無理がありました。
右腕を顔の前に持っていくため、億泰のように肩の肉を抉っています(笑)。

体の向きに対して、首の向きを変えていることも、お分かり頂けるでしょうか。そのせいで首が弱点に。

f:id:psamin58:20170227231930j:plain
本当は腰布が足の付け根を覆っているのですが、脚の稼働を妨げてしまわないよう控えめにしました。
脚の関節に黒を使ったのは、腰布が脚に掛かっている感じを表現したかったからです。

f:id:psamin58:20170227231951j:plain
このポーズで欠かせないのは、左ヒザを曲げることでした。

ここでは角丸パーツを採用し、微妙な角度までキッチリ調整できました。
お陰で左足が地面をしっかり踏みしめていて、ポーズの割に安定してくれましたね。

f:id:psamin58:20170227232050j:plain
腹筋の表現のために1*1角丸を使い、色も薄いグレーにしています。シンプルな表現ですが、割と良い感じに出来たと思います。

原作ではここがカシャっと開き、腹から猫草の空気弾を発射することで、遠距離での爆撃を行いましたね。
ラストバトルを盛り上げてくれた重要な要素です。

f:id:psamin58:20170227232116j:plain
ちょっと上からの構図。
こちらを睨みつけているようでカッコイイです。

この方向から見ると、忍術でも使いそうなポーズですね(笑)。







最後に、以前作ったシアー・ハート・アタックと並べてみました。

f:id:psamin58:20170227232138j:plain
素晴らしい!(自画自賛)
最高ですよ、吉良吉影

二つの作品のサイズ感は、どうしても合わせられないですね。
本来シアーは手のひらサイズなので、ちょっと小さすぎるのです。

無理やり合わせると、こ~んな感じに。

〈正しいサイズ比〉 f:id:psamin58:20170227232157j:plain
遠近法というのを知っているかね?

このために床で腹這いになって、必死に撮影するという…ゲフンゲフン。
なんかもう、色々満足です(笑)。

大好きなスタンドを作るのは楽しいですね。
今後も不定期にジョジョ作品を増やしていきたいです。

それでは!