我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de シアー・ハート・アタック 【NBP_006】

コッチヲ見ロォ!

f:id:psamin58:20161012225138j:plain
f:id:psamin58:20161012225155j:plain

ジョジョの奇妙な冒険第4部より、シアー・ハート・アタックです。

近くにいる者の体温を感知し、猛烈な勢いで突進して爆破する自動操縦スタンドで、かなり熱いバトルを演じてくれました。本体である吉良吉影が「弱点は無い」と評するのも納得の、高い攻撃力と防御力を共に有し、最強キャラ空条承太郎を破った実力派です。

f:id:psamin58:20161012225228j:plain

顔とキャタピラーの着いた半球状の形状は、シンプルでありながら魅力的。
本来は額にナイフが付いたデザインなのですが、そこまでは表現できないのでエッジの効いたイエローのスロープを使用しました。あとは高い鼻が特徴なので、やり過ぎかな? と思いつつブロック2個分出しています。
作中では温度感知の際、目の奥にチカチカと妖しい光が灯るエフェクトが描かれているので、目を透明にして内部からライトで照らして再現するのも面白いかもしれませんね。

f:id:psamin58:20161012225313j:plain

最も構造にこだわったキャタピラーです。
グレーのホイール部は、前後の2個だけが大きく、間の小さめのものはジグザグに配列されています。地味にニコイチで位置を調整し、前後対称にしました。

本物の戦車などがどうなってるかは知りませんが、シアー・ハート・アタックキャタピラーはこうなっているので、きちんと作りたかった部分なのです。
(荒木飛呂彦先生の絵は、こういう気付きにくい所まで本当に細かく描かれてますよね)

f:id:psamin58:20161012225516j:plain

キャタピラーの制作にあたっては、ホイールの大きさと位置に加え、裏面の羽を縦向きにするのが必須でした。
これによって...

f:id:psamin58:20161012225537j:plain

この本体側面の方向変換部分に刺した後、きちんと上にドン突きに出来ます。キャタピラーの上にはカバーが被さっているデザインなので、ここの隙間を埋めることで上手く表現できた気がします。


この作品は、設計段階から凄く楽しむことが出来ました。
特殊パーツを組み込む前提で設計することに少しずつ慣れてきて、頭の中のイメージをきちんとアウトプット出来るようになってきたな、と自身の成長を感じられました。

もちろん好きな物を好きなように作製しているのですが、その中にも自分なりのテーマのようなものを設定して、作品を作る過程で技術を磨いていきたいと思ってます。

次回からは、いよいよ nanoblock AWARD 2016 の投稿作に突入していきます。
アワードでは写真が3枚しか出せないので、そのときお見せ出来なかったアングルなど、色々語っていきたいですね。

それでは!