読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

nanoblock作品展 #12

12回目になりました、ナノブロック作品展の感想記事。 まめナノブームの火付け役、やまさんの登場です。

f:id:psamin58:20161126233505j:plain

画像のCOMMENT欄に書かれている通り、やまさんは格闘ゲームのキャラクターを作るイメージが強いですね。
コンパクトな作品の中に表現力をギュッと詰め込み、その迫力と再現度の高さには定評があります。

非常に残念ながら、格ゲー作品の展示は一つでしたね。
その作品がコチラ。

f:id:psamin58:20161126233541j:plain
バーンナコー!

餓狼伝説の人気キャラ、テリー・ボガードです。
カッコ可愛いです。素晴らしい。

本当は他の必殺技も作製されているようですが、会場には展示されていませんでした。う~ん、残念。

f:id:psamin58:20161126233619j:plain
f:id:psamin58:20161126233704j:plain
ドラゴンボールのまめナノ化です。

1枚目は有名なポーズのヤムチャ。サイバイマンにやられたときですね。
近くにサイバイマンの破片が落ちてるあたり、さり気なく細かいです。

そして2枚目はチャオズ。
切ない自爆シーンが思い出されます。さよなら、天さん。

どちらもポーズを再現しているのが良いですね。こういうのをサラッと作れるのがテクニックなんですねぇ。
まめナノはサイズの拘束が強いので、ポーズを作るのは難しいと思うのですが。流石です。


f:id:psamin58:20161126233832j:plain
セミ!?
意外と他のビルダーさんは作りませんね、こういうの。

かなり細かい所まで作りこまれてます。
翅の角度もそうですが、角丸を多用することで、全体的に自然な作りになっています。

カラーが茶色だけだと、ベターっとして面白味が出しづらいのでしょう。
黒やクリアブラウンを混ぜることで本物らしくなっていますよ。

f:id:psamin58:20161126234657j:plain
何にでも名前はある。しかし君の名が分からない。 展示会の日、チラリとタイトルを見たのですが、特に記録をしていなかったのです。

ならば、

この俺がゴッドファーザー(名付け親)になってやろう。
サンタナ

と勝手に名付けたくなりましたが、どうにかキャラの名前に辿り着けないか足掻いてみました。

なんか「ドロ...なんとか」と書いてあったような気がする、というレベルのうっすらとした記憶があります。
この記事を書いている時点で、展示会から約3ヶ月経っていますので、自分のような年寄りは記憶を維持できないのです...。




というわけで、ドロ...だけの情報で捜索開始。
助けて、グーグル先生!

ドロンボー? ドロンジョ
ヤッターマンだし。

ドロの前にも何か入るかも...。
アランドロン?
これはべるぜバブだし。

ドロンパ
いやいや、オバQじゃん。

と自己ツッコミしながら画像検索していました。

ピンクのアメリカオバケが、ズラズラ〜っと出てきます。

だよねー。
ドロンパなんてコレ以外ありえないし。

と思っていたところ、









...ん?









なんか居る。









FC東京マスコットキャラクターとやらが、腕組みしてこちらを見下ろしています。
世間知らずな自分を馬鹿にしているようです。許せん。

きっと世間的には常識レベルなんでしょうが、テレビがほぼ置物と化している自分には、正解を見ても全くピンと来ません。 自分のように知らなかった方は、ここで覚えてあげて下さい。

君の名は。
f:id:psamin58:20161126234657j:plain
東京ドロンパでした!


冒頭でも書いたとおり、やまさんの格闘ゲームキャラは本当に素晴らしいので、もっと実物を見てみたかったですね。
SNS上でも驚異的なレスポンスがあるようで、ナノブロック界のウメハラと呼ばれています。(嘘)

それ以外にも魅力的な作品をたくさん作られているのですが、あまり積極的に作品を発信する方ではないような気がします。

作品を安売りしないとか。
良い作品を作ることだけを考えているとか。
他人に評価されるために作っているわけじゃないとか。

なんか格好いいオーラを勝手に感じています。(笑)

今後また作品展が開催されるようであれば、もっと多くの作品を見てみたいと思っています。
期待大。

それでは!