我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de クレイジーダイヤモンド 【NBP_023】

前回のキラークイーンに引き続き、ジョジョ第四部より東方仗助のスタンド「クレイジーダイヤモンド」です。

f:id:psamin58:20170316232209j:plain
水色とピンクのという、なかなかポップな配色です。
実際には限りなく白に近い水色なのですが、さすがにそんな色のブロックは無いので、このカラーリングに落ち着きました。

顔の形の特徴を表現するために、頭部のブロックを45度ズラす方式を採用しました。(公式キットでは、ドラクエで使用されてる組み方ですね)
この方式で組むのは初めてでしたが、クレイジーDのハート型の顔を作るにはコレしか無い!という判断でトライしました。

f:id:psamin58:20170316232232j:plain
瞳っぽく見せるために、目にニコイチを使いました。
どうにか内部に入れられないか検討しましたが、頭が大きくなってしまうのでやめました。

ただでさえ45度方式は頭が大きく見えがちなので…(苦笑)。

f:id:psamin58:20170316232322j:plain
背中から首筋に伸びる、謎のチューブ。
後頭部と干渉しないよう地味な調整がありました。

空中で曲線を描きたいがために、角丸やら逆スロープやら使ってます。
チューブの丸みを出すために、もっと角丸を贅沢使いしても良かったかもしれませんね。

f:id:psamin58:20170316232345j:plain
構えを自然にするために、右脚を少し斜めにして引いて。割と貴重なピンクのニコイチを、ここで使用しています。
また、腕も自由な角度に調整できるよう、肩関節用に同じく貴重なピンクをGETする「覚悟」が必要でした。

覚悟はいいか? 俺は出来てる。

f:id:psamin58:20170316232434j:plain
上から見ると、最大の特徴であるハート型が浮かび上がります。
首のコードと合わせて、なかなか上手くハートを描けた気がします。

f:id:psamin58:20170316232456j:plain
背面側から見下ろすと、こんな感じです。
この作品は後ろから見たときの方が満足度が高いですね(苦笑)。


ジョジョ第四部では吉良吉影が好きすぎて、先にキラークイーンを作ってしまい、後追いで主人公のスタンドを作るという体たらくでした。

ザ・ハンドとかエコーズとかも作りたいと思っているので、きっと突発的に作ると思います。ちょっとだけ設計を考えたりもしましたが、なかなか上手くまとまらないのです。。。

とりあえず次回のオリジナルは、全く別ジャンルの作品になりますよ。

それでは!