我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de うーたん 【NBP_016】

幼児番組「いないいないばあっ!」より、「うーたん」を作ってみました。

子供が居なければ絶対に出会うことは無かったであろうキャラクターですね。幼児に大人気のまんまるキャラクターです。

f:id:psamin58:20161223231734j:plain
「う〜、...うーたん! うーたん元気、元気〜!」

掛け声と共に画面下から飛び出してきます。
頭のポンポンは、キャラの動きに合わせてプルプル揺れます。

このナノブロック作品でも、斜めに生えたポンポンを動かすことが出来ます。
詳細は後述しますが、軸を挿した穴に少しだけ隙間があって、ポンポンを動かす余裕があるのです。

f:id:psamin58:20161223231837j:plain
f:id:psamin58:20161223231901j:plain
前回作ったモーグリで、丸みのある頭部を作ったので、基本はその使い回しです。
ポンポンをきちんと斜め向きに配置するためにどうするか? という点を工夫するのが面白かったですね。

胴体はシンプルですが、カラーリングで特徴を出しやすいです。
3色のボタンが可愛らしいですよね。

f:id:psamin58:20161223232004j:plain
f:id:psamin58:20161223232145p:plain
頭部中央の断面はこんな感じになっています。
グレーは空間がポッカリ空いている所です。伝わりますかね...?

頭部に斜めの隙間を設け、そこにポンポンの軸を挿し込んだ構造にしました。
そのままだと逆さまにしただけで抜けてしまうので、軸の先端を楔状にして引っ掛けてあります。よほど強く引っ張らなければ抜けません。

f:id:psamin58:20161223232318j:plain
顔はどうしてもフラットになってしまいます。
中途半端に丸くするより、平面顔の方が表現しやすいですからね。


子供を喜ばせようというのがキッカケではありますが、新しい組み方にトライできたという意味では、自分にとっても貴重な作品になりました。

全然元ネタ知らない方もいると思いますが、子持ちビルダーさんなら大抵ご存知ではないかと。
何人か作っている方がいらしたので、作り方が同じにならないように気をつけました。

完成品を子供に見せてみましたが、反応はイマイチ...。
やっぱ真ん丸じゃないとダメですか。そうですか。

あと、同番組で「わんわん」という緑色の犬がいるので、そっちも作ろうかと思いましたが...わんわんはあまり可愛くないんですよねぇ。(苦笑)
子供のお気に入りも他の番組にシフトしてきたことだし、もうこのネタを作ることは無いかもしれません。

「じゃあ今日はみんなでバイバイしよう!せーの...」
f:id:psamin58:20161223232350j:plain
「いないいな〜い...バイバ〜イ!!!」

それでは!