我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de トンベリ 【NBP_005】

前回のチョコボに引き続き、ファイナルファンタジーものになります。
多くの人に愛されていながら、多くの人を恨みまくっている敵キャラ「トンベリ」です。

f:id:psamin58:20161003211452j:plain
f:id:psamin58:20161003211512j:plain

ダメージ9999を容易に達成する包丁側です。シリーズを通して、これで一撃死させられた回数は数え切れません。

包丁の鋭さを表現するために、ポッチを前方に向けることに拘りました。左手の中で方向変換してます。
しかし刃先と柄は一点で繋がっているので、それだけだと非常に支えが弱くなります。
そこで刃先を支えるための手段として、刃を左足に乗せました。ただし左足のポッチの上に乗せると、柄の位置に対して刃先が上に行きすぎるので、左足の刃が乗っている部分だけフラットパーツを使用しています。これによって刃先を余分に下へ降ろせました。

f:id:psamin58:20161003211546j:plain
f:id:psamin58:20161003211608j:plain

ローブの裾から魚のような尾部がはみ出しているのも、トンベリの特徴ですよね。これによって両生類のような印象を受けますが、実際どういう生態なんでしょうね...?
ここはあまり主張せず、シンプルな形に仕上げました。

f:id:psamin58:20161003211636j:plain
f:id:psamin58:20161003211657j:plain

反対側に回って、ランプを持った右側です。
暗闇に包まれた洞窟の中、ランプの灯りをゆらゆらと揺らしながら、ゆっくりと近付いてきます。

ランプは1ポッチでぶら下がってるだけ。つまり実際に手で持っている形ですね。当然ながら構造的に脆く、うっかり触れようものならポロッと落ちてしまいます。
クリアイエローのお陰で、うっすらと火が灯っているように見えますかね?


前回のチョコボに引き続き、ファイナルファンタジーのキャラが連続となりました。
自分はゲームっ子だったし、FFはずっとやってきたので、思い入れのあるキャラが沢山いて、つまり作りたいキャラがいっぱいいるのです(笑)

格好いい召喚獣なんかも作りたいところですが、FFの召喚獣はナンバリングによって全くデザインが異なるのが難しいところだよな〜、なんて思ってなかなか着手出来ていません。

間違いなくまたFFのキャラは作ると思いますが、とりあえず次回は違うネタになります。

それでは!