我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de かき氷 【No.38】

夏の風物詩といえばコレ!
かき氷(いちご味)です。

f:id:psamin58:20180430212931j:plain
個人的には、幼少時からブルーハワイばかり食べていて、よく舌を真っ青にしていたのですが、やっぱり一般的にはいちごですよね。
縁日のかき氷は、いくつになってもワクワクするものです。

チャームポイントは周りにこぼれた氷の粒。




f:id:psamin58:20180430213631j:plain
かき氷だけにしては大仰なサイズ感になりましたが、このストロー兼スプーンを斜めに突き刺したかったので、全体のサイズが大きめになりました。
むしろストロー比率で考えると、かき氷本体は小さいくらいですね。

容器の赤い部分は、よくある「」という文字が入っている部分で、底面の青は波の模様を表しています。
さすがにデフォルメしすぎていて分かりませんかね。。。




f:id:psamin58:20180430213921j:plain
背面もほぼ同じ。
シロップの薄い部分が前面と少し違うくらいです。





構想時点でやりたかったのが、シロップを上からかけるモーションです。

f:id:psamin58:20180430214730j:plain
屋台でかき氷を買うと、このカンロレードルという道具でシロップをかけてくれますよね。
最近は手抜きなのかサービスなのか、自分で適当にかけるパターンが増えている感じで、カンロレードルを見かけなくなってきた気がします。




f:id:psamin58:20180430215032j:plain
かき氷とカンロレードルを繋ぐクリアパーツは螺旋状に組み、レードルをグルグルっと回しながらシロップをかけるイメージを表現しました。
2滴ほど垂れているのもポイント。




f:id:psamin58:20180430215259j:plain
試作段階ではもっとシンプルに、赤のクリアパーツを真っすぐに垂らし、シロップをドバー!っとかけていました。
それを見た奥様が「どれだけシロップかける気?」と、妙なリアリティを追求してきたので、変更を余儀なくされたのです(笑)

一般ウケも意識し、奥様も満足させる。
両方やらなくっちゃあならないってのが、旦那のツライところだが...。




f:id:psamin58:20180430220039j:plain
カンロレードルは一点支持。
方向変換のポッチを横から刺せば、この通りちゃんと固定されます。

レードルの柄を湾曲させるよう、1×1丸はあえて浅く刺しています。
構造的には脆くなりますが、この組み方は個人的に好きなのでつい多用しちゃいます。





というわけで、nanoblock AWARD 2017への投稿作、6作品中の4作品目「かき氷」でした。
残り2作品についても、なる早で執筆する予定です! 予定は未定。

それでは!

ナノブロック de バスケットボール 【No.37】

バスケでシュートが決まった瞬間を作ってみました!

f:id:psamin58:20180429213530j:plain
ただバスケのゴールを作るだけだと面白味に欠けますが、ちょっとした動きを入れると大分違うかと思います。




f:id:psamin58:20180429214328j:plain
ボードに当たったボールが、前方に跳ね返りつつ籠に入ったイメージなので、網は真下に垂らさず前方に動かしています。

20×20に黄土色を使ったのは、体育館の床をイメージしてます。
ピースに余裕があれば、床のラインとかも描きたかったのですが。。。




f:id:psamin58:20180429214459j:plain
ゴールのボードは構造的に無理をしているので、少し隙間が空いてしまいました。
ポッチの向きなぞ変えずに作る方が、単純で綺麗なものが作れるのですが、どうしてもピース数を食ってしまうんですよね。

1×6を多用する目的で方向変換し、200pcs以下に抑えるために必死になっていたのです。




f:id:psamin58:20180429215018j:plain
ホワイトとクリアを交互にしつつ、斜めにズレたような構造にするために、網の内部はかなり複雑になっています。
網の内部は、ちゃんと空洞になっているんですよ!

ボールが浮いている仕掛けは単純で、網の内部の空洞に向かって関節パーツを出し、外から見えない位置で接合しているのです。
見えないオシャレ!(違う)





nanoblock AWARD 2017の投稿時は、なるべく迫力が出るアングルを意識しました。
f:id:psamin58:20180429215443j:plain
f:id:psamin58:20180429215458j:plain
f:id:psamin58:20180429215512j:plain

作り始める前の発想はシンプルだったのですが、いざ作ろうとすると構造的に厄介で、なかなか手の掛かる作品でした。
その悩ましさが、なんとも言えずに楽しいんですけどね!

それでは!

ナノブロック de 工事もぐら 【No.36】

原っぱからひょっこり顔を出したモグラ
ただいま工事中。

f:id:psamin58:20180428223445j:plain
nanoblock AWARD 2017への投稿、第二弾です。
ピース数は100未満なので、ちまっと可愛いサイズ感。




f:id:psamin58:20180428224224j:plain
十字マークとラインの入った黄色のヘルメットだけで、なかなか雰囲気出るんじゃないでしょうか。
さりげなく鼻の向きを変えたりするのも、小さなこだわりなのです。




f:id:psamin58:20180428224553j:plain
ヘルメットから垂れている顎紐の部分だけ、黒にしています。
紐は顎の下で止めず、ただ垂らしているだけ、といういい加減なモグラなのです。

f:id:psamin58:20180428224849j:plain
後ろから見ると、ブラウンの色むらがバレバレ。。。
数あるカラーバリエーションの中でも、茶色は結構むらがキツくないですか?

作品を見て頂くときは、目を細めてみると同じ色に見えるんじゃないかな(嘘)




f:id:psamin58:20180428230439j:plain 工事っぽさを出すためのツルハシを握っています。
スコップにするのと迷いましたが、形状的にはツルハシの方が面白いかな? と思ってツルハシを採用しました。

スロープを使うことで、シンプルに湾曲部を表現できたかと思います。




f:id:psamin58:20180428225426j:plain
ツルハシを握る右手は、爪先を前向きにするよう方向変換しています。
ポッチが前方を向くことで、爪っぽさが出るかなと。

ブロック的には右手とツルハシは繋がっておらず、ツルハシは地面から立ってるだけなんですけどね(笑)







アワードのUnder 200 pcsに投稿することを考えると、モグラを2匹にしてもう少し大きい作品にすることも考えましたが、シンプルな方が可愛い気がしたのでこうなりました。
自分は割と小さい物が好みなので、こういう作品は結構好きだったりします。

造形的にはシンプルすぎるので、アワードでは通用しないだろうと予想していましたが、まあ作りたい物を作れば良いじゃないみたいな軽いノリで楽しめました。

そんな軽いノリの作品がまだまだ続きますが、それはまた次回のお話。
それでは!

ナノブロック de サーフィン 【No.35】

サーフィンと言えばこれ。
波が作り出すトンネルを格好良く潜り抜ける、「チューブライド」を表現してみました!

f:id:psamin58:20180414224935j:plain
自分はサーフィンなどという爽やかなスポーツはやったことが無いので、このテーマを作ったのは完全に思い付きです。
「躍動感のあるもの」を考えていた中で浮かんだテーマの一つでした。




f:id:psamin58:20180414225416j:plain
作り始めた当初から、200ピース以内に収める予定だったため、限られたパーツ数の中で表現する必要がありました。
そのためサーファーはなるべくシンプルにし、波を少しでも大きくすることで迫力を出しました。




f:id:psamin58:20180414225717j:plain
サーフボードの後端から、水面の乱れによる白い帯を牽くことで、ボードが水面上を滑走していく動きを感じて貰えるでしょうか。
波のトンネルのベースは濃青ですが、上に行くと太陽光で薄い色となり、頂点では波が崩れて白くなります。




f:id:psamin58:20180414230148j:plain
f:id:psamin58:20180414230204j:plain
トンネルの曲線を美しく描くことが、この作品の課題でした。
これがカクカクになってしまうようなら、作品そのものをボツにしたと思います。

ポッチを横向きにして、噛み合わせを悩みながら、どうにか曲線らしい形に出来た気がします。
角丸ブロックがあれば、もっともっと美しく出来るのですが。。。




f:id:psamin58:20180414230824j:plain
f:id:psamin58:20180414230840j:plain
トンネルの逆面。
こちら側の水面は、本来ならこんな風に抉れていません。

そこも丁寧に作る予定だったのですが、そこでピース数を消費してしまうとトンネルそのものを小さくせざるを得なくなるので、こっち面はスッパリと切り捨てました。




f:id:psamin58:20180414231323j:plain
真横から見ると、さりげなく配置したクリア1×1丸が見えるような見えないような...(笑)
水しぶきによる水滴です。




最後に上からのカットを。 f:id:psamin58:20180414231724j:plain
f:id:psamin58:20180414231742j:plain
下から撮った方が、全体が大きく見えて迫力が出るのですが、俯瞰した感じもこれはこれで好きだったりします。







今回の作品は作製時期が真冬だったので、完成後もネットにアップせず、ずっと寝かせていました。
やっぱり季節やイベントなどの時期に合わせた方が良いんじゃないかな、と。

そんなこんなでタイミングを逸し、nanoblock AWARD 2017にて初出となりました。
アワードが開始して勢いよく作ったようなフリして、実は半年くらい待機し続けていたのです。

満を持して登場した割には、選考にはかすりもしなかったがな!(泣)

というわけで、個人的には結構お気に入りの「チューブライド」でした。
それでは!

nanoblock AWARD 2017 賞品到着

f:id:psamin58:20180131231429j:plain
ナノブロックアワードで優秀賞を頂き、先日その賞品が届きました。
その中身を確認(というか公開)していきたいと思います!




その前にアワードのホームページに記載されていた、賞品の内容を復習します。

f:id:psamin58:20180131231456p:plain
自分は優秀賞なので、ナノブロック賞品スペシャルセット(10点)と記念品です。
いや~、楽しみですね。




f:id:psamin58:20180131231013j:plain
到着した箱の中身がコチラ。
大きいのから小さいのまで入ってます。




f:id:psamin58:20180131231822j:plain
まずはナノブロック10点盛り

奥に立ってるのはナノブロックの純正パーツケースですね。
これはグランプリの賞品に記載されていたので、自分の賞品には入っていないと思っていたのですが、嬉しい誤算です。
買わなくて良かった。

その下が五重塔デラックスエディション。このシリーズは相変わらず大きいです。
なかなかのお値段がするものなのに、カワダさん太っ腹。

その手前は展示系ですね。
LEDプレート、ディスプレイアーム、ディスプレイケース。
プレートとケースは旧型しか持ってないので嬉しい。

赤い箱はアワードセレクション。
過去のアワードに投稿された作品を、公式に商品化したシリーズです。
全て購入&組み立て済みなのであります。

そしてパンダ!
何故にパンダ?






f:id:psamin58:20180131231859j:plain
次に記念品です。

恒例のクリアファイルと、マスキングテープ?
そして卓上カレンダーです。




実は以前から、ナノブロック作品の写真(他のビルダーさんも含む)を使って、小ロットのカレンダー制作とかしてみたいな〜、と思っていたのですが...。









カワダさんにアイディアを盗まれた形ですよ!(違う)









美しいナノブロック作品が机を彩ってくれたら、毎日が楽しくなりそうですよね。
せっかくなので、中身も撮影しちゃいました。




上半期
f:id:psamin58:20180131232205j:plain

下半期
f:id:psamin58:20180131232231j:plain

表紙と来年分
f:id:psamin58:20180131232245j:plain

良いですね。ビルダーさん達のオリジナル作品が満載です。
2018年は素晴らしい年になりそう。




ちょっと気になるのが、賞品が届いたのが1/27でして、もっと遅れているビルダーさんもいたようなんですよね...。



















1月分、飾る時間なさすぎ!
(´∀`;)










もうソッコーで飾りましたよ。
数日でしっかり堪能しないといけません(笑)

...とまあ、色々と冗談めかして書きましたが、素晴らしい商品を頂いて有難い限りです。

これにてnanoblock AWARD 2017は終宴ですね。
また来年度も頑張りたいと思います。

それでは!

nanoblock AWARD 2017

2017年7月末より、年に一度のナノブロックの祭典「nanoblock AWARD 2017」が開催されました。

f:id:psamin58:20180131225741p:plain
相変わらずアワードではビルダーさん達の力作が次々とアップされ、焦りと楽しみが共存する不思議な高揚感で一杯でした。

自分も昨年に引き続き二度目の参戦となり、以下の6作品を投稿しました。




f:id:psamin58:20180131225805p:plain




個々の作品については改めてこのブログで紹介したいと思いますが、今回この中から優秀賞を頂けた作品がこちら!









だるま落とし
f:id:psamin58:20180131225823p:plain
ブロック的な安定性にあえて対抗し、アンバランスさに挑戦した作品でした。
その辺を面白みとして評価して頂けたのかな〜、と思ってます。

昨年のチャーハンに引き続き、2年連続での受賞となりました。

カワダさん、審査員の皆様、LIKEして頂いた方々、本当にありがとうございました!







...とまあ、そんな作品を作ったのが、もう半年ほど前のことになりまして。
アワード作品の記事を書くより早く、賞品が到着してしまいました(苦笑)

f:id:psamin58:20180131231013j:plain
この、箱の中身!

賞品!

圧倒的賞品!

ざわ...ざわ...ざわ...

と無駄に引っ張りながら、次回の投稿に続きます(笑)
それでは!

ナノブロック de 聖剣伝説2 【No.34】

f:id:psamin58:20180116221032j:plain
不朽の名作「聖剣伝説2」です。
スーパーファミコンの人気作でしたが、その後リメイクもされているようですね。




スーファミ時代に大好きだったゲームの一つで、3キャラ作るだけでは創作欲が収まりませんでした(苦笑)。
聖剣伝説でお馴染み、8体の精霊も作っちゃいました!

f:id:psamin58:20180116221606j:plain
人間より小さく作らないといけないので、まめナノと呼ばれるサイズで作りました。
小さいのがチョコチョコ集まって可愛らしいです。

最低限の表現ですが、ちゃんと伝わる形に出来たかな、と思ってます。
さりげなく細かい拘りも入っていて、なかなか満足の出来です。




で、精霊たちをこんな風に配置して、、、

f:id:psamin58:20180116221835j:plain











聖剣伝説2、大集合!

f:id:psamin58:20180116222116j:plain
素晴らしい!自画自賛

作って楽しい! 飾って楽しい!
少年時代の思い出が蘇ってきます。

キャラと精霊だけにとどまらず、フラミーまで作ろうかと思いましたよ。
そのうち気持ちが上がりまくったら作るかもしれません(笑)。







以上、4回に渡って聖剣伝説2の作品をまとめました。

改めてゲームネタを考えていると、スーパーファミコンの思い入れは強いな~と思います。
もっともっと、色んなゲームをブロック化したいです。

聖剣伝説3だって好きだし、ファイナルファンタジーロマンシングサガも良いですよね。
クロノトリガーとかライブアライブとかルドラの秘宝とか天地創造とか、えーとえーと。。。

どんどん思い出が溢れて止まらなくなりそうなので、半ば強制的に筆を置きます(苦笑)。
作りたいものが沢山なので、またゲームネタが帰ってくる日がきっと来ます。必ず来ます。

子供の頃に好きだったものは、いつまで経っても自分を幸せにしてくれるものですね。
それでは!