我楽多ノート

自分の見た事や体験した事、感動した事を綴るブログ

ナノブロック de 鉄腕アトム 【NBP_027】

手塚治虫さんの名作「鉄腕アトム」を作ってみました。

死んだ息子の代わりとして天馬博士によって作られたものの、身長が伸びないことでバケモノ呼ばわりされ、サーカスに売り飛ばされた可哀そうな子です。

その後、お茶の水博士に救われて、心優しいロボットとして活躍しました。
10万馬力に加えて、7つの特殊能力を持っている凄いロボットですよ!

f:id:psamin58:20170702215925j:plain
シンプルな配色でありながら、特徴が伝わりやすいです。
天才漫画家のデザインは伊達じゃありませんね。

f:id:psamin58:20170702215940j:plain
カワダ純正品「ディスプレーアーム」によって、華麗に宙を舞うことが出来るのです。 アームの先端はお尻にグサッと刺さっております(笑)。

f:id:psamin58:20170702215958j:plain
お気に入りのジェット噴射。
2*2角丸パーツのお陰で、満足のいく表現が出来ました。

f:id:psamin58:20170702220015j:plain
アトムの髪型がきちんと見える角度です。
漫画みたいに常に2本の角が見えるというのは不可能です(苦笑)。

f:id:psamin58:20170702220031j:plain
こうして片腕を伸ばしたポーズで飛ぶことも多いですが、両腕を曲げて飛ぶこともありますよね。
左右非対称の方が面白いので、伸ばしたバージョンを採用しました。

f:id:psamin58:20170702220107j:plain
以前も同サイズの人型を組んでいましたが、アトムを作るタイミングでちょっとだけ構造を変えました。
今までよりバランスが良くなった気がします。

f:id:psamin58:20170702220224j:plain
首が上向いているように、角度を付ける組み方を模索しました。
斜め上を見上げているような形に出来たことで、かなり自然なポーズになったと思います。

f:id:psamin58:20170702220332j:plain
首の角度を実現した構造がこれです。胴体から関節パーツの凸部が飛び出していて、首後ろの関節パーツ凹部に結合しています。
関節パーツを使用してはいますが、自由度はほとんど無く、割としっかり固定されてます。

f:id:psamin58:20170702220628j:plain
ディスプレーアームのお陰で、斜めに傾けて飾ることも可能。
リアリティのある浮遊感を、手軽にトッピング出来るようになりましたね。

f:id:psamin58:20170702220646j:plain
通常のクリアパーツでも作品を持ち上げることは出来ますが、結構パーツを消費してしまいます。
ディスプレーアームを使うと、簡単に高さを稼げる上に、レイアウトの自由度も素晴らしいですよ。

f:id:psamin58:20170702220704j:plain
貴重なディスプレーアームを占有したまま、我が家で飛び続けているアトム君でした!


この作品はナノブロックアンバサダーで、ディスプレーアームをレビューする為に組んだ作品でした。
何か飛んでいるものを作ろうと、何気なく組み始めたのですが、なかなかのお気に入り作品になりました。

もし宜しければ、アンバサダーのときのレビュー記事も読んでみて下さいね。

レビュー記事1
レビュー記事2

それでは!

ナノブロック de ハロウィン 【NBP_026】

パンプキングが現れた!

f:id:psamin58:20170612233602j:plain
ハロウィンの時期に作ったもので、普通のカボチャおばけは公式も含めて沢山作られているので、とりあえず王冠を被せてみました。
あまり深い意味はありません(苦笑)。

f:id:psamin58:20170612233621j:plain
元々、ドラクエキングスライムでも作ろうかと思ってボンヤリ設計していたのですが、そのまま作らず終いになっていたので、そのときのデザインから転用しました。
なので、この作品自体の制作時間は短めです。

f:id:psamin58:20170612233703j:plain
王冠のカラーリングは適当ですが、なんとなくハロウィンっぽい色をチョイス。紫とか入るだけで、なかなか全体が締まりますね。
黄色の逆スロープも良い味を出してくれました。







さてさて、今回のポイントは外観よりも、むしろ内面の空洞です。

f:id:psamin58:20170612233728j:plain
こんな感じに、中を空洞にしつつ、背面に白を並べています。

f:id:psamin58:20170612233749j:plain
王冠の方も…

f:id:psamin58:20170612233802j:plain
やっぱり内側を白くしています。

何をしたいのかと言うと、この作品はライトアップすることを前提として設計してみたのです。
作品の内部に入った光を、キレイに前面に出射させるため、白色の壁で反射させようという試みです。




それでは、ライトアーップ!




f:id:psamin58:20170612233819j:plain
うん、良い感じ。

f:id:psamin58:20170612233840j:plain
他の色もナイスですよ。

f:id:psamin58:20170612233900j:plain
練れば寝るほど色が変わります!




いや〜、楽しいですね。
どうして光る物ってこんなにワクワクするんでしょう。

実際には3枚だけでなく、狂ったように撮りまくっていました。
夜中にパシャパシャ鳴らしすぎて、後になって奥様から苦情がきた程です(苦笑)。

そうこうしているうちに、ふと思いました。

LEDプレートのパワーはこんなもんじゃないハズだ、と。
暗闇の中なら、もっと美しく輝くハズだ、と。




さっそく部屋の明かりを消して…









わくわく(・∀・)
























f:id:psamin58:20170612234818j:plain

怖い…(ToT)




なんかもう、地獄から蘇った恐怖の大魔王みたいになりました。
トホホ…。

というわけで、LEDプレートは部屋の明かりを点けたまま、程良く光らせるのが良いと判りました。なんのこっちゃ。

作品に光が入ると楽しさ倍増ですね!
何か良いネタを考えて、また光らせてみたいと思います。

それでは!

nanoblock作品展 #22

f:id:psamin58:20170517235333j:plain

これまで21回に渡って、第一回ナノブロック作品展の感想記事を書いてきました。

全ての記事を読んでくださった方、ありがとうございます。
そんなの読んでないという方、いますぐ本ブログのトップに戻り、全記事を読破して下さい!(笑)

そして何より、自分なんぞが感想記事を書くことを許可して下さったビルダーの方々には、本当に感謝しています。
まさか全員から許可を頂けるとは想定外でして、自分の遅筆のせいもあって随分と期間を要してしまいましたね。
(当初、根拠レスな予想として、四分の一くらいは許可を頂けない or 連絡が取れない等の理由で、記事にならないと考えていたのです)

改めて写真を見返しながら文章に起こすことで、ビルダーさん達の作品群を堪能すると共に、色々な工夫・技術に気づくことが出来ました。
今後、自分のオリジナル作品にも応用させて頂きたいと思っています。

以下20名の方々に、感謝と共に拍手を送りたいです。
届け、この想い!

f:id:psamin58:20170518000722j:plain
(総勢20名のナノ名刺)







ここでお知らせ。

第二回ナノブロック作品展の開催が決定致しました。 そしてなんと、自分も展示側のメンバーとして参加させて頂きます!

f:id:psamin58:20170528222749j:plain

第一回からメンバーの変更もありますが、更に人数が増えてますからね。
また違った作品を間近で見られるチャンスとあって、オラわくわくすっぞ!という感じになってます。

名だたるビルダーさん達に囲まれて出展するとなると、レベルの差が浮き彫りになってしまいそうで恐いですが、せっかく機会を頂けたので楽しんでいきたいと思います。
そして来場して頂いた方々に、少しでも喜んでもらえると良いですね。

当日までにジャンジャン作品を作って、盛り上げていきたいと思います。
それでは!

ナノブロック de チョコボール 【NBP_025】

くえっくえっくえっ、チョコボール

f:id:psamin58:20170417233117j:plain
というわけで(?)、今回の作品はチョコボールキョロちゃんです。
斜め上を向いた目が特徴的な森永製菓のキャラクター。知らない人はいないというくらい有名ですよね。




f:id:psamin58:20170417233810j:plain
f:id:psamin58:20170417233828j:plain
f:id:psamin58:20170417234720j:plain
出来上がりはさほど複雑ではありませんが、立体化しにくいキャラでした。
元のイラストはくちばしが斜め下に向かって伸びているのですが、そのまま作るとちょっと不自然な構造かな~と思うんですよね。

ここはシンプルに、くちばしを真っすぐに伸ばしました。
先端を表現するためにスロープを使いつつ、先っぽ付近はニコイチを使ってポッチを減らしています。写真では判りづらいですね(汗)。




f:id:psamin58:20170417234819j:plain
f:id:psamin58:20170417234835j:plain
f:id:psamin58:20170417234855j:plain
キョロちゃんといえば、この体の模様も特徴的ですよね。
レッド、イエロー、ライトブラウン(ゴールドブラウン?)で表現しています。

形はただの楕円です。
もう少しスリムでも良かったような気がしないこともありません。




f:id:psamin58:20170417235117j:plain
f:id:psamin58:20170417235135j:plain
いちおう鳥のキャラクターだそうですけど、羽ってあるんでしょうか。
まさかこの模様…羽?

足の爪を3本に別れさせたことで、ブロック同士が接合できていません。
クリアプレートに乗せて、どうにかそれっぽく見せています。


森永製菓のキャラクターは、以前作ったおっとっとに次いで2作目になりました。シンプルな意匠と目につきやすいカラーリングにより、非常に伝わりやすいデザインになっていますね。

こういうキャラものを作ると、そういった点がよく解ります。
デザイナーさんって凄いですね!

ちゃんとデザインを勉強すると、オリジナルの質をもっと向上させられるのかもしれません。チマチマ作っていく中で、少しずつ学んでいきたいな~なんて思ってます。

それでは!

nanoblock作品展 #21

第一回ナノブロック作品展、ついにラスト20人目のブースです。
衝撃のラストを見逃すな!(謎)

f:id:psamin58:20170326223437j:plain

逆木圭一郎さんの作品は、総じて大サイズですね。どうやってこのサイズの作品を設計するのか、不思議でなりません。
作品が大きい分、細やかな表現が施されてまして、凄く見応えがあります。

その大迫力をドーンとお伝えします!




…と言いながら先に謝らせて頂きたいのは、逆木さんブースの撮影はスマホのカメラで行ったので、他のビルダーさん達のブースより画質が落ちてしまいました(汗)。

一つ一つのブースをじっくり見すぎて(3時間くらい)、その間デジカメの電源を付けっ放しにしていたら、逆木さんブースに到達する頃には電池切れになってしまったのです。

そういう事情でちょっと写真が小さいかもしれませんが、決して他意はありません。
実物の作品は更に大迫力なので、脳内補完しながらご覧下さいませ。







f:id:psamin58:20170403225158j:plain
劇団☆新感線の舞台「五右衛門VS轟天」です。

巨大な顔による凄まじいインパクトが目を引きます!
ブロックで作ったキャラは同じ顔になりやすいですが、しっかりとした表現力によってキチンと表情がありますね。

前方の人達のポーズと相まって、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
しかもポーズの作り方が凄く自然で上手いです。

スリットから覗く生足が素晴らしいですよ!(力説)




f:id:psamin58:20170403225234j:plain
同じく劇団☆新感線より「乱鶯」です。

迫力のある造形も素晴らしいですが、個人的には色合いの美しさが気に入りました。さりげない が美しいですね。
ライティングで陰影ができているのではなく、少しずつ違う色のブロックを使って、丁寧に色彩が作られているのです。

こういう綺麗な作品好きです。




f:id:psamin58:20170403225256j:plain
ラブライブ!に登場する、9人組アイドルグループ「μ's」です。
たしかもう解散したんでしたっけ?

女の子一人だけだと特徴が出しにくそうですが、9人揃えたことで存在感が出てますね。
数を揃えるのは後半になるにつれて作業感に苛まれ、結構な苦行になるものだと思います。忍耐の賜物ですね。




f:id:psamin58:20170403225321j:plain
この発想は一体どこから来るんでしょう?
萌え系の女の子が生産されている作品です。たしか「萌え工場」みたいなタイトルだったと思います。

とにかく存在感が圧倒的で、思わず二度見してしまう感じです。
たとえ思いついたとしてもコレを作りきれるビルダーさんは少ないんじゃないでしょうか?

ただ、個人的にメガネっ子は萌えないんですよ。
「可愛くないと思っていた子がメガネを外したら可愛い」というときに萌えます。(どうでもいい情報)




f:id:psamin58:20170403225356j:plain
駆逐してやる!

もはや説明不要のメジャー作品になりました。進撃の巨人の「超大型巨人」です。
人気漫画のブロック化だけあって、お客さん(主に男性)の反応が良さそうでした。

主要な巨人の中でも、顔の特徴が分かりやすいキャラですよね。
その特徴が上手く表現されてます。




f:id:psamin58:20170403225422j:plain
スポーツジムの風景をブロック化。
日常的な何気なさが伝わってきます。

女性がお喋りしながらトレーニングしてるあたり、リアリティがあって良いですね。
首の角度一つでそこまで表現できるというのが面白いです。




f:id:psamin58:20170403225442j:plain
誰もが経験したことのある、授業中の風景です。
可愛らしい上にちょっとノスタルジックな気分にさせてくれる、温かい作品ですね。

壁の時計や黒板の磁石など、凄く細かいところまで手を抜くことなく表現されています。
それでいてゴチャゴチャすることもなく、全体がバランス良くまとまっていることに驚きです。

授業に集中していない子が、なんだか微笑ましいですね。
スポーツジムと同じように首の角度によって表現されていたり、座る姿勢の悪さから生徒のやる気の無さが伝わってきます(笑)。




f:id:psamin58:20170403225504j:plain
スターウォーズはビルダーさんにもお客さんにも、絶大な人気ですね。
C-3P0やR2-D2、BB-8などの人気キャラだけでなく、TIEファイターのような機体まで並んでいます。

他の作品と比べると小振りですが、これを小さく作るのはかえって難しいかもしれません。
小さい作品ほど、ちょっとした技術で完成度が左右されると思いますが、逆木さんの腕でしっかりまとまっています。







いやー、迫力のあるブースでしたね!

テーマ選定やサイズの大きさもありますが、なにより表現が繊細で溜息が出るほどです。
玩具ではなく、芸術作品を観た後のような余韻がありました。

きっと一つ一つの作品に、膨大な労力をかけていることだろうと予想しています。
逆木さんの作品はどれも秀作揃いで、完成形だけでなく作製の過程まで見せて頂きたいくらいです。

もっと詳しく見たい方は逆木さんのブログをご覧ください。
大型作品の細かいところまでアップされているので、見応え抜群ですよ。

改めて見返しても、作品の微細な部分まで徹底し、一切の妥協をしない姿に脱帽です。
それでいて創作ペースが一定かつ速いんですよね。

素晴らしいの一言ですね。
見習いたいです。

それでは!

ナノブロック de チキンラーメン 【NBP_024】

f:id:psamin58:20170322232505j:plain

ふと思い立って、チキンラーメンひよこちゃんを作ってみました。
とぼけた顔が可愛らしいです。

顔の大きさの割りに足がちっちゃいので、非常に倒れやすいです。
気づくとポテッと倒れてたりするのが、それはそれで可愛いです(笑)。

f:id:psamin58:20170322232521j:plain

特徴は斜め上を向いた視線と、頭のアホ毛(?)。

毛は1×1の角丸をわざと緩~く嵌めることで、曲線を描きました。
シンプルな造形の中で毛にこだわったことで、出来上がりが良くなった気がします。

f:id:psamin58:20170322232544j:plain
f:id:psamin58:20170322232603j:plain

シッポと羽は極力小さめに。
あまり存在感を出すと、ひよこちゃんっぽくなくなります。

f:id:psamin58:20170322232621j:plain

全身ほぼ黄色なので、一瞬チョコボと間違われそうになります。
なので、もう一度言います。

チキンラーメンひよこちゃんです。


この作品はSNS上で反応が多かったですね。
広く知られていて、且つ人を選ばないキャラは強いです。ひよこちゃんの人気を感じました。

普段フォローして頂いている方以外からも反応があると、やっぱり嬉しいですよね。
遠慮せずどんどん拡散して頂いて構いませんよ?(笑)




最後に我が家にあった、ひよこちゃんのぬいぐるみと一緒に撮ってみました。

f:id:psamin58:20170322233245j:plain

それでは!

nanoblock作品展 #20

第一回ナノブロック作品展の感想記事、19人目のビルダーさんになります。
ShinNanomuraさんブースです。

f:id:psamin58:20170321233148j:plain

ShinNanomuraさんはブログ等でたくさんの作品を公開されています。
あまり特定のジャンルに偏らず、多彩なテーマを作ってらっしゃいますね。







f:id:psamin58:20170321233242j:plain
f:id:psamin58:20170321233331j:plain
まずはお城の写真を2枚並べてみました。
同じお城でも、大きさや色彩、構造などが違ってバリエーションがあります。

お城の周りのさりげない樹木も良いですね。
1枚目の左端なんか桜が咲いていて、お城とのカラーの対比が美しいです。

改めて見ても、お城というのはクールな造形だと思います。
単純に眺めるだけでもカッコイイですが、お城に詳しい方だともっと細部の拘りまで解るのでしょうね。




f:id:psamin58:20170321233417j:plain
魔法少女まどか☆マギカより、お菓子の魔女です。
変身後はなかなかインパクトのある奇妙な造形ですが、変身前の姿は可愛らしいですね。

2頭身の作り方が上手ですね。自分は2頭身でキャラ物を作ると、どうもバランスが取れないので、これを参考に勉強(?)しないといけないなぁと思いました。

実は「ナノブロック まどかマギカ」などで検索を掛けると、公式から発売されているキットの情報が出てきます。(変身前後のお菓子の魔女とキュゥべえ
なんとこの公式キット、ShinNanomuraさんがデザインされたものなのです。

頑張って良い作品を作れば、公式に採用されて発売されることがある、ということですよ? キットに自分の名前を入れてもらえるということですよ?
いや~、夢が広がりますね!




f:id:psamin58:20170321233735j:plain
ちょっと小さめの作品が並んでいたので、まとめて撮影しました。

手前は超が付くほど有名な絵画、ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。
青いターバンが美しい名画ですね。

作品サイズは小さめですが、特徴をしっかり捉えているので、一目で判ります。絵画をモチーフにするというのは面白いです。

その次にあるのは消防車。
ミニカーみたいな感じで可愛いです。

意外にも公式からこういうの出てませんね。パトカーと合わせて、いつか発売されそうな気がします。

一番奥は、一世を風靡した(?)イナバウアーです。荒川静香さんで有名になりましたね。流石というべきか、お客さんの食い付きも良かったですよ!

調べてみると、イナバウアーというのは足の形であって、上半身を反ることを指すわけではないようです。知らなかった…。







f:id:psamin58:20170321233945j:plain
これを一度も観ずに育つのは不可能なほど有名な番組。
まめナノ作品のアンパンマンです。

アンパンマンは色分けがくっきりしていて見分けやすいですね。
それが幼児にウケる理由の一つだそうですが、まめナノにおいてもカラーの威力を発揮しています。

バイキンマンの歯が良いですね。
こうして特徴になる部分を強調するのが、デフォルメの面白みだと思います。




f:id:psamin58:20170321234028j:plain
もはや日本漫画の代表とも言えるONE PIECEです。
麦わらの一味から四人がエントリー。

ルフィが肉を持ってるのが好きです。
よく「肉〜!」って叫んでるキャラですからね。

この作品を見たとき、なんとな〜くFCソフト「スパイvsスパイ」を思い出したのですが、気のせいでしょうか…?(笑)







ShinNanomuraさんはかなり膨大な量の作品を作っている方なので、アイデアの幅が広いですね。
その中でも特にお城の完成度が高いように感じました。間違いなくお城好きだろうな、というのが作品から伝わってきます。

ShinNanomuraさんのブログ「ナノブロック村」で、バリエーション豊かな作品をたくさん見ることが出来ます。
2017年3月現在で、268個のnanoblock作品を公開しているようですね。めちゃくちゃ凄い…。

自分のブログも長く更新を続けて、オリジナル作品数100超えを目指していきたいです。
というわけで、もっとどんどんオリジナルを組まないといけませんね(苦笑)。

それでは!